産業廃棄物について知ろう

どうすれば減らせるのか

私たちに出来ること

産業廃棄物の発生は、一見企業がやっているように見えるかもしれませんが、実は私たちの生活からも発生していたりもします。
では、極力減らしていくにはどんなことが出来るのでしょうか。

一番有名なところでは、3Rという運動があります。
どんなことなのかと言うと、具体的には三つ項目があります。
例えば外食に行った際に食べ物を残さないなどのリデュースと呼ばれるもの。
何かが壊れても新しく買い直さずに、出来るだけ修理して長いこと使い続けるリユース。
そして何でもかんでも捨てずに、再利用出来るものはするというリサイクルがあります。
これらの頭文字がアルファベットのRなので3Rと呼ばれています。

こうして見てみると、本当にすぐ出来そうな当たり前のことが多いですね。

他にはこんなこともある

それ以外には、こんなことも挙げられます。

前出のコラムに、リサイクルをするということを書きましたが、そのリサイクルを経て新しく作られた、いわゆるリサイクル製品と呼ばれるものを利用するのもいい手です。

また、気付いている方はあまりいらっしゃらないでしょうが、お水を大切にするというのも、悪くありません。
家庭で水を出しっぱなしにしたり洗剤やシャンプーをじゃぶじゃぶ使うことや川や海にゴミを捨てたりして汚したりするのもやめましょう。
汚い水も立派な産業廃棄物です。

そしてもし、ご自身で不法投棄などを目撃してしまったら、速やかに近くの自治体などのお知らせするようにしましょう。
あなたの手で、不法投棄を少しでも無くしていきましょう。