産業廃棄物について知ろう

どうやって処理をしていくのか

分別から始まる

意外かもしれませんが、実は産業廃棄物の処理はこんなことから始まります。

それは、それぞれの分別から始めていきます。
なんだか家庭ごみの処理に似ていますね。
でも、肝心の内容は一味違います。
産業廃棄物の場合、何と何を分けていくのかと言うと、再利用が出来るか出来ないかを重要視し、そこを基準として分別していきます。

再利用が出来るものは、そのままリサイクルに回されます。
では、再利用が不可能だと判断されたものはどうなっていくのでしょうか。

再利用が出来ないものは、その廃棄物自体を細かく砕いていったり、毒素などの危険なものが入っている廃棄物は、中和させて無害化していきます。
この処理を業者の間では、中間処理と呼んでいます。

プロに依頼しよう

再利用が出来るものと出来ないものの分別、正直言って私たち素人が出来るのはここまでです。
では、ここまで出来たら次はどうしたらいいでしょうか。

正解は、プロの業者を呼ぶということです。
各自治体には、産業廃棄物処分業という産業廃棄物の処理はおまかせの業者が存在しています。
もし、連絡先がわからなかったら、ネットで調べたりお住いの地域の自治体に問い合わせると、連絡先が判明しますのでご安心ください。

そして、これは大事なことですが、もし産業廃棄物が出てしまったら、絶対にご自分で処理をするというのはやめてください。
無許可で最後まで作業をしたり、最悪不法投棄をしてしまったら、厳しい罰則を受けるということになります。
なので、そういう状況になったら、必ずプロの手を借りましょう。